--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.21

◎第11回5支部(京都・富山・福井・岐阜・石川)合同懇親山行

横蔵寺より華厳寺へ

 19日大雨の中をSAに向かう。ゴム長で行く、14時知人の車に乗る。雨はやみそうである。今夜の泊り場である谷汲の松本屋に向かう。事前の勉強をせずに行き、思いと全くかけ離れた別世界のような在所であった。華厳寺(谷汲さん)という天台宗三十三番札所の満願寺の門前町である。もみじ祭りで雨にもかかわらず大変な人出である。松本屋に泊まる。

 20日八時に松本屋のマイクロバスで横蔵寺まで送ってもらう。ここももみじ祭りで準備をしている。横蔵寺を通り山道に入る。我々だけだ。天候は回復して冷涼な山道を気持ちよく登る。しかし時雨れる。紅葉はすっきりしない。この秋はどこともよくないようである。温暖化のせいかしら?。

 低い山であるが上り下りが多くあり、なかなかのものであった。妙法山で昼食の予定であったが時雨れるので奥ノ院まで下りることとなり、奥ノ院で昼食となる。松本屋の弁当がとても美味しかった。ここから華厳寺まで約30分、華厳寺の境内を回りながら下りて松本屋に戻る。春の桜祭り、秋のもみじ祭りは多くのお客さんで賑わうとのこと。

 各地の山仲間と別れ帰路に着く、楽しい山行であった。来年の再開を約して別れる。我々は時間もあるので横蔵寺の門前市に立ち寄る。時雨れているのに古本の雨除けもせずに放置している。理解に苦しむ三人であった。


横蔵寺 
熊谷直実の墓 
東海自然歩道 


紅葉がスッキリしない
少し遅いのではなく、紅葉の前に枯れていく
谷汲の村落

表情豊かな狸と灯篭のお腹
満願狸と安産祈願の千羽鶴
華厳寺を降りる

松下副支部会長より転載
写真をフォトアルバムにも、掲載しました。





スポンサーサイト
Posted at 09:55 | 2011年記録 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。